CVT搭載のヴィッツが全日本ラリーに参加するのは確実に無謀!!

ニュース

CVT搭載のヴィッツが全日本ラリーに参加するのは確実に無謀!!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

CVTは強度が心配・・・

TOYOTA GAZOO RacingがなんとCVT搭載のヴィッツを昨シーズンより継続して、国内ラリー最高峰の全日本ラリー選手権に出場させる。もちろん、ノーマルではなくスポーツ制御を施したCVT(無段変速機)搭載車『TGR Vitz CVT』を投入する。

 もちろん、体制は本気です。昨シーズンからサービスを担当する「凄腕技能養成部」がメンテを担当し、エンジニアはドライブトレーン制御開発部社員がおこなう。
 ・・・本気具合が伝わりますね。

 しかし、GAZOOラリーチャレンジでCVTの出場はありましたが、確実にラリーチャレンジより多くの距離と高い速度で走らないといけない全日本ラリーで戦えるのは心配です。
 

燃費以外のメリットってあるわけがない!!

 CVTのメリットとして、ギアレシオは無段階で、コンピューターがエンジン回転数に応じて加速を制御してることにより、速度に関係なくエンジン回転数を選ぶことが出来ることです。
 
 今回のヴィッツでは、状況に応じアクセルのオン、オフに関係なくまた巡航速度にも関係なく、エンジン回転数を最高出力が発生する値にキープする制御にしています。
 これにより、コーナー進入前の減速時には充分なエンジンブレーキが、コーナー立ち上がり時には、脱出速度に関係なく鋭い加速性能が得られるとのこと。この制御は、ミッション車ではできないですね。

CVTがモータースポーツを席巻する日が来るか⁉

 最近ではCVTでモータースポーツする機会が増えてきましたが、まだまだ普及しているとは言い切れない現状にあります。

 全日本ラリー選手権でCVTの優位性を発揮してクラス優勝できればうれしいですね~。

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録