2017年S耐から新設 TCR車両って何?

ニュース

2017年S耐から新設 TCR車両って何?
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

TCR車両

 WTCC世界ツーリングカー選手権のプロモーターであったマルチェロ・ロッティ氏らが2015年に新たに立ち上げた国際ツーリングカーのシリーズ。

 簡単に言えばWTCCを頂点とするツーリングカーレース車両の廉価版と考えて問題ないと思います。

 エンジンもほかの車両カテゴリーと比べて制限されています。全ての車種が2リッターターボに限定され、改造は禁止されている。しかし、エンジン性能に影響されるECUの設定によって性能を変えることが可能になっている。

 最大の特徴は「コストが安い」こと。最低限のチューンでイニシャルコストを抑えている。これにより世界規模でTCR車両シリーズが世界規模で広がっていることがその証明だと思います。

参戦車種

TCR シビック

 アウディ・フォルクスワーゲン・アルファロメオのヨーロッパメーカー車種だけでなく、日本からホンダもTCR車両を製作しています。もちろん盛り上がり次第では他メーカーも参戦してくる可能性もあります。

 FIAGT3車両を作っていないメーカーもあるので面白いかもしれないですね。

日本では

 日本ではTCRのシリーズ戦はありませんが、スーパー耐久にて2017年からTCRのクラスが新設(ST-TCRクラス)

 先だって、バースレーシングプロジェクトが参戦を表明。ST-5クラスを卒業してST-Rクラスにステップアップする。
 さらに童夢がST-RクラスにTCR規格のシビック2台をフル参戦させることを発表し話題になった。

 最近GT3規格の車両が年々値上がりしてきているので、お手頃なTCRに流れていくのは時間の問題かと思います。ST-Rの盛り上がり次第では、TCR規格のシリーズ戦も夢物語ではないと考えます。

最後に

 ドライバーからも、「コストパフォーマンスに優れていて、走っていて楽しい!!」と高評価!!

 日本のハコ車レースに対して、新たな旋風を巻き起こしてくれそうな予感を感じさせてくれたTCR車両でした。



友だち追加
レーサーがLINE@をはじめました


1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸