富士スピードウェイのイベントはこちら 

ニュース

富士スピードウェイのイベントはこちら 
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

富士スピードウェイとは

 2005年に大規模な改修工事が行われ現在の姿になっている富士スピードウェイ。コースの特徴としてはやはり約1.5kmの直線だろう。ここでのレースではスリップストリームで並びかけ1コーナーで抜くことが常套手段になっている。
 だが、ここまで直線が長いにも関わらず、プロドライバーの中には「富士はテクニカルコース」と言っている人がいる。
 理由としては第3セクター(後半部分)のテクニカルセクション。ここでは上りながら曲がりくねったコース設定をしているので、曲げにくいセッティングにすればここで大きくタイムロスになってします。
 また、この第3セクターはドライバーのレベルでタイムが大きく変わってしまうセクションなので、富士の中では重要な部分と言える。
 そんな富士スピードウェイですが、実は敷居が低いイベントや草レースが多く開催されていることをご存知でしょうか。
 今回はそのイベントを紹介します。

エコカーカップ

 ハイブリット車・低燃費車を「速く」「安全に」「低燃費」に走ることを目指したレースです。
 1時間耐久(Enjoy60)と3時間耐久(Charenge180)の2クラスありますが、それどれタイム制限があり、これより早く周回するとペナルティーを科せらえれます。なので、サーキット走行の経験のない人でも安心して参加できるのが特徴です。
 また「エコカーカップ」とうたっている通り、主な参加車両はプリウス・アクアなどほぼサーキットでは走っていないであろう車両がメインになっています。
もちろん事故を起こせばいかなることでも自己責任ではありますが、サーキット走行より敷居が低いと思いますので参加してはいかがでしょうか。

K4GP

 K4GPは軽自動車(原則)の耐久レースですが基本的には趣味性の高いモータースポーツです。耐久レースと言っても使用ガソリン量が少ないため、全開で走るとすぐガソリンを多く使ってしまうため、完走できません。なので燃費走行を重視して走らないといけません。
 このレースは古い時代のレースカーをまねて走らせるなど、往年の人にとっては非常に懐かしいと感じるかもしれません。

スーパーママチャリGP

 「車だとぶつかりそうで怖い」と思っている方に朗報です。なんと富士スピードウェイを「ママチャリ」で走れます!!その名もスーパーママチャリGP
 簡単に参加できることもあってなんと参加チームは約1200組!!いやすごい!!
 とはいえ、富士スピードウェイは後半セクションは上り勾配かかなりあるので、それ相応の覚悟とトレーニングを積んでおきましょう。 

 いかがでしょうか?
モータースポーツをあまりできなくても楽しめそうなイベントとだと感じてもらえればうれしいです。

1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ